So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

新しいBlog始めました。 [About Design]

ずっとアップしていませんでしたが、新しいブログを始めました。



よかったら見てみてください。



ECOでグローバルな関西人の日記*


ayu3.gif


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

人の流れ [Life in 2008]

人の流れとは実に不思議なもの。人って、どんな人でもその空間や、輪(和)の中にいれば何かと影響をし合うもので、それは時とともに、季節とともに、意図的に、もしくは不意に化学反応(?)して、流れていくものだ。

春はそんな流れが時と、場合で大きく変化するとき。特に日本では大きく変化する。私の周りの流れは急激だ。季節に合わさっているわけでもなく、時、人同士の化学反応によって、大きい動きがある。変化を恐れるものは成長しない、だとか、現状維持の法則は破滅を招く。とか、いろいろと周りの経験者が言うけれど、自然と自分の流れを見失わなければ、流れには乗っていけるものだと私は思う。自分の流れに、周りが沿っていなければ、合わせるか、別の流れに乗るか・・・判断は人それぞれだけど、自分で決めればいいと思う。

大きな流れの中のひとつは、妹がオーストラリアに旅立って行ったこと。初めて一人で家を出た。姉としてはようやくやる気になったか、というあっぱれな気持ちと同時に、毎日心配そうに携帯を気にしている母を見て、ちゃんとやってるだろうか?と不安になる気持ちと一緒にあるけれど、何せ自分で選んだ変化なのだし、やっているだろうと思う。というか、昨日行ったばっかりだし・・・

母が携帯を気にしているけれど、世の中の流れは速い。私がイタリアに旅立った頃は、私が利用させていただいているD社のサービスには、グローバル通話・メールのサービスがレンタルしかなかった。いつ戻るかも決まっていないのに、借りるはずもなく、その時3Gネットワークに乗っかったばかりだったV社(現在S社)の携帯プランを別で契約した。現地ではイタリアの携帯電話を購入。今は、自分の番号そのままで現地出発。ありがたいものだ。

それに、オーストラリアの留学サービスは、手取り足取り。日本人が多いのもあると思うけど、空港までのお迎えサービス、荷物の受け取りサービス、病気になったらサポーターが迎えにきてくれる。

Lost in Translationも、かれこれ2年くらい書いているけれど、というか、たった2年だけれど、携帯も進んだし、オーストラリアなんていう身近な国には、こんなに充実したサポート体制があるのかと感心した。イタリアと大違いだ。というか、あの頃とそんなに前じゃないのに、大違いだ。

悪名高いミラノ中央駅にバスで到着し、滞在先が決まらずホテル暮らしをしたあの時が妙に懐かしく、今では堂々と歩けるあの場所も、あの時は危険な人がいないだろうかとかおどおどしていたな、と。きっと妹もおんなじような気持ちでいるだろうと思いながら、自分で選んだ変化の流れでは、人は必ず成長するものだと思った。

そんな自分も、彼氏が香港からマカオのデザインフェアーに出張に行ってて、どんなに待たされようが、恒例のスカイプタイムを深夜まで待ってられるなんて、成長したな、とつくづく思う。そんな柄ではなかったのに・・・結局、出会う人と人との化学反応で、人の流れは変わるものなのだ。

5987195.gif
人気blogランキングへ





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:地域

ある日春のイタリアン [素敵なレストラン]

最近あたたかくなってきたと思ったら、急に花冷えのする日が続いている。お天気も曇りがちで、雨も多く、祖母の俳句にも、花雨が詠まれた。

お仕事の日はいつも近場で済ましているのだけれど、この日はスタッフの車でちょっと遠出してみた。やってきたのは中央公会堂近くの静かな路地にある透明感のある空間とスタッフのオネェさんのお気遣いがうれしいイタリアン

夫婦で経営されているよう(旦那さんがシェフ)で、お二人のこぢんまりとして、愛らしい雰囲気に合った器と、春のイタリア料理が出てきた。久々に、ものすごく自然の恵みのつまった、爽やかなサラダに、日本の片口のような器で頂くスープは冷製。

soup.jpg

フルーツや野菜がチーズと色とりどりに混ざり合って、不思議な味を出すサラダは、イタリアの自然の恵み料理を思い出させてくれたと同時に、この繊細な心遣いのつまった演出は日本のイタリアンだと実感。ほんのり幸せなランチだった。

salad.jpg

食べる前に写真タイムなんだけれど、隣のクリエイターのスタッフも、写真を撮ってて、なんかこういう風景って落ち着くな、と感じた。

7120480.gif
人気blogランキングへ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

私のタワーができました! [My boyfriend]

私のタワーが、この2008年3月、いよいよ完成しました!

eric.jpg

木製です・・・

小さいです・・・

実は、彼との2年目記念日と、ホワイトデーのお返しにと、ちょっと遅れて香港から届いた贈り物だった[ぴかぴか(新しい)]こんなものを堂々とこれひとつだけを入れた箱で海外から送ってくるなんてこと、できる人はそうそういないな、と感心させられた日だった。

今、イタリアに居る時に集めた無印良品の木製のジオラマシリーズと一緒に飾っている。何故なら、それと一緒に飾れと指定付きで送られてきたから・・・。

世界にひとつだけの私のタワーです。

7120480.gif
人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ハイビスカスの真っ赤なお気遣い [Life in 2008]

この季節はかなりの花粉でダメージを受けていて、お肌も荒れっぽいし喉もイタいし鼻もぐずぐずで最悪。

おまけにイベント中で毎日の勤務が長丁場・・・そんなイベントでお世話になっているレストランの女性(不思議な・・・)からすすめられたのはハイビスカスティー。おそらく、不思議な彼女のことなのでハイビスカスは花粉症とは全く関係ないのだけれど・・・

tea.jpg

ハイビスカスティーは、上の写真のように真っ赤な色で若干強めの酸味がある。このハイビスカスティーのすっぱさは梅干しのすっぱさと同じクエン酸によるものだそうで、この真っ赤な色はビタミンCによるものだそう。体が温まるのだそうで、屋外でのイベント中には最適。よくわからないけど、たぶんいいよってすすめてくれた彼女は、いろんなお茶にはまっているのだそうで、これはエジプト産。クレオパトラも愛飲していたのだそう。

実は眼性疲労、肉体疲労や夏ばての回復、美肌づくりに働くらしいということを後から知って、ちょっと買ってみようかな、と思っている。味は前に流行ったローズヒップティーに近い。

また、のどの炎症をおさえる効果があるので、風邪やのどを使い過ぎた時に飲むのもおすすめなのだそうで、彼女のすすめはあながち間違っていなかったみたい。カリウムが多く利尿作用があるため、水分をとりすぎた後のむくみ二日酔いを改善にも効くそう。



7120480.gif
人気blogランキングへ





ティー・ブティック ミニパック ハイビスカス 袋 35g (4入り)

ティー・ブティック ミニパック ハイビスカス 袋 35g (4入り)

  • 出版社/メーカー: 日本緑茶センター
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

ホテルはビックリハウス [Life in 2008]

今回ミラノで滞在した(といっても1日も滞在していませんが・・・)ホテルはとってもとっても稀に見る伝統的な建物を使用していた。いつも通り、インターネットで予約したホテルだったので、あまり期待せず、ぷらっと行ったのだけれど、フロントの女性もいい方で、嫌がらず荷物の手配もしてくれたし、内装はきれいにリノベートされていた。

荷物の手配?そうそう、パリからミラノへの移動で、チェックインが遅かったために荷物だけ後のアリタリアで届くと言われ、着かなかったのだ。それで、手続きをして、スタッフがホテルまで今夜中に送りますと言った。ものすごく、在住時の感覚がふぁーーっと戻ってきて、“どうしよう?荷物はなくなるかも・・・?もしかしたら明日はもう東京に向けて出発するのに、今夜中には着かないかも?”と不安になった。なにせ、ここはイタリアだから・・・

そんな私は仕事中も不安で不安でしょうがなくて、ホテルに帰ってきても不安で、ホテルの重厚な窓やカーテンなどいろいろ見て回っても、なかなか気づかなかったのだけれど・・・

IMG_8139.JPG

なんか違う?バスルームに入って気がついた。ドアが勝手に開いてくる?それは、この建物が写真の右から左へ下がっているように、まっすぐではなかったのだ!ヴェネツィアじゃあるまいし・・・

ミラノは結構新しい建物もよく建っているし、私が住んでいたところはここまで古い建物をリノベートしたわけではなかった。このホテルは伝統的なビックリハウスだった。

結局、何度もフロントの女性に電話をお願いしたり調べてもらったりして、心配し疲れてふっと寝ていた夜の10過ぎ、フロントからの電話で起こされて、荷物が無事届いた!その届けてくれたお兄さんが、なぜか仕事の途中なのにホテルの従業員と一緒にお笑い番組を見て和気あいあいとしていたのが、イタリアだな。と思って妙に懐かしかった。

結局、本当は早く寝たかったのに・・・とお風呂に入ると、やっぱりお湯が途中で水に変わった。やっぱりな・・・そうだよな・・・各シャワーにはコツがある。でも、ここのシャワーは初めての出会い。水浴びをして、布団にくるまって寝た。

とんだビックリハウスだ。
5987195.gif
人気blogランキングへ


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

マカロンと [Life in 2008]

ルーブルでお仕事を終えて、夕暮れ時、美術館からずっとまっすぐに伸びる直線をただひたすらシャンゼリゼを通って、凱旋門まで歩いた。前に来た時は本当に寒くて、空も曇り空で、景色もなんか白っぽさを感じたけれど、今回はとても透き通って青かった。そのとき気分で押したシャッターにも、それはきちんと残っている。鮮やかな水色。

それから、一番好きな時間帯。夕暮れ時。

IMG_8113.jpg

夕暮れ時のエッフェル塔にものすごく繊細な透明感がある。

IMG_8109.JPG

マカロンを初体験。どうも日本でも食べてみたい、食べてみたい、と思ってはいたのの、ついつい自然食ではないので食べ物としてどうなのか?とかいろいろと懸念があってたべたことのなかったお菓子ケータリングで売っていたので購入してみた。味はピスタチオ。

IMG_8118.jpg

甘すぎて最後まで食べられなかったので、日本のものを今度絶対食べてみよう、と心に誓う。おそらく、そんなに甘くないはずだ。

広場には空の広がりを感じて・・・

IMG_8121.jpg

またもう一度来ることになりそうなので、その時が楽しみ。

7120480.gif
人気blogランキングへ


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

花の都で1日 [Life in 2008]

おそろしいことに、今回のヨーロッパ出張は実質パリに1日、ミラノに1日弱という恐ろしいスケジュールで行われたのでした・・・落ち着いて街を写真におさめたのはもう夕暮れ時。

IMG_8090.JPG

朝イチから慣れないパリ市内をメトロで移動し、お仕事の後に、Les Arts Decoratifs (装飾芸術博物館)を見せていただいた。私は前回パリには彼氏とクリスマス旅行で来たことがある。でも、パリって、地図で見て感じるよりずっと、本当に大きくて広くて、見るところがたくさんあって、もう海外生活はこりごりって思っている私にも、もし・・・チャンスがあれば・・・と思わせてくれる街。

その街で、装飾芸術博物館は初体験だった。

IMG_8101.JPG

お気に入りの写真の前方がピンク色に輝いている。これは、ファッションデザイナーのクリスチャン・ラクロア氏の歴史展覧会のお部屋からで、たくさんのそれ関係の学生がたくさんいて、スケッチしたり、ディテールに見入っていた。

大阪つながりで?、コシノファミリーのコシノヒロコさんも見かけた・・・そのとき感じたのですが、なんか、言葉では言えない感覚ですが、最近どんなことが起こっても驚いたりしなくなった。

いろいろあって図太くなってきた?のかもしれませんが、大きな、圧倒されるような、自分ではどうにもできないようなこととか、ものとかって、世界にたくさんあるけれど、でも、みんな本当は一緒で、みんな同じ世界に生きていて、一生って一回しかなくて、とかいろいろと考えると、なんか落ち着く。

そんな中でも、この花の都は何とも言えぬ雰囲気を持っていて、いろんな映画に出たり、多くの人が憧れる偉大な街。初めてお仕事で行ったのだけれど、これからも何かと訪れたい街だ。

7120480.gif
人気blogランキングへ






nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

 [Life in 2008]

たまにゆっくりできる、と思っていた日に限って、今年初めての雪が積もった。

今年に入って、改修工事中だった家のお寺の屋根が完成して間もなく、今年初のすごい雪、積雪量からすれば11年ぶりの大雪で、日本全国真っ白になった。

ちょうど仕事でも真っ白な気分になっていたところだったので、なんだかすっとした。

白・・・いっぱい考えすぎると、戦略戦略ってなりすぎると、なんか白いものが恋しくなる。お天気までもがきっと、今は白くなれって言っているんだと思って、来週パリ・ミラノ出張に出かけようと思う。

きっといろんな新しいことを詰め込まないといけないし、白い余白残しとかないと。


人気blogランキングへ


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

魅力的なベルリン男 [Life in 2008]

ずっとHOUSEばっかり聞いていた私が、一年前くらいからJAZZに目覚めた。

それとは関係なしに、最近いいなと思うものが特にMADE in Germanyだったり、ドイツデザイナーブランドだったりすることから、ドイツに注目していた。

この前仕事で参加したドイツのビジネスセミナーで知り合ったドイツ人の人もいい人だし、ビジネスのオーガナイズ能力はヨーロッパピカイチだ。少々勤勉すぎることがあるけれど・・・

最近JAZZはJAZZでも、音楽をゆっくり聞いている時間があまりなかったので、JAZZファンとも呼べないようなかんじではあるけれど、たまたまティル・ブレナーというドイツ人JAZZアーティストの音楽が、いいなと思った。

久々に透明感のある男性の声を聞いた気がした。また、音楽に刺激された気がした。感受性を大切にしているので、よほど仕事で気を遣っているとき以外は、感覚でいろいろと物事をジャッジする傾向があるのだけれど、すっと気持ちとかからだに入ってくる音楽とか映像とか写真とか作品とか色とか風景とか、そういうものに触れる時間を意図してつくらないといけないな、と思った。


人気blogランキングへ

オセアーナ

オセアーナ

  • アーティスト: ティル・ブレナー, マデリン・ペルー, ルチアナ・スーザ, カーラ・ブルーニ, ラリー・ゴールディングス, ディーン・パークス, デヴィッド・ピルチ, ジェイ・ベルローズ, ゲイリー・フォスター
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2006/04/19
  • メディア: CD



ザット・サマー

ザット・サマー

  • アーティスト: ティル・ブレナー, チャック・ローブ, ロベルト・ディ・ジョイア, ウォルフガング・ハフナー, ティモシー・レフェーブル, ロロ・ロドリゲス
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 発売日: 2004/06/23
  • メディア: CD


love

love

  • アーティスト: ティル・ブレナー, ティム・レフェーブル, チャック・ローブ, フランク・カステニアー, ウォルフガング・ハフナー
  • 出版社/メーカー: ポリドール
  • 発売日: 1999/05/19
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。